両親が別れても、子どもが二人の親と関わり続けられる仕組みを作る

「離婚後の強制的単独親権制度は違憲である」との判断を求める訴訟(作花共同親権訴訟)

-離婚後強制的単独親権制度違憲立法不作為国家賠償訴訟-

A lawsuit asking the court to judge that nonexistence of joint custody system after divorce in Japan is unconstitutional

【予定】第3回 作花共同親権訴訟 口頭弁論
3rd Oral Argument

●2019/12/18 1:20PM 東京地裁526号法廷  Tokyo District Court, room526

原告準備書面・陳述書(2019/12/19公開予定)

第2回 作花共同親権訴訟 口頭弁論
2nd Oral Argument

●2019/9/18 1:30PM 東京地裁526号法廷  Tokyo District Court, room526

被告(国)第1準備書面 Defendant's 1st Brief

被告(国)の主張
「親権は憲法により保障されている基本的人権ではない。また、離婚後単独親権制度は憲法に違反しない。」
Child custody is not a fundamental human right guaranteed by the Constitution. Moreover, the single custody system after divorce does not violate the Constitution.

第1回 作花共同親権訴訟 口頭弁論
1st Oral Argument

●2019/6/19 10:30AM 東京地裁526号法廷  Tokyo District Court, room526

被告(国)答弁書 Defendant's Written Answer

被告(国)の主張
「国は、親権が基本的人権であるとの原告の主張について争う。また国は、離婚後単独親権制度が憲法14条1項と憲法24条2項に反するとの原告の主張、および同制度が児童の権利条約や憲法98条2項に反するとの原告の主張についても争う。第2回口頭弁論までに、より詳細な主張を準備書面で追加する。」
Defendant's claim: The defendant (the Japanese government) would dispute whether child custody is a basic human right for parents. It also disputes whether nonexistence of joint custody system after divorce is against Article 14 (1) and Article 24 (2) of the Constitution. In addition, It disputes whether nonexistence of joint custody system after divorce is against Convention on the Rights of the Child and Article 98 (2) of the Constitution. The defendant will add more detailed claims in written brief by the time of the second oral argument.

作花共同親権訴訟 提訴
Filing Date

●2019/3/26

訴状(公開版)  Petition

原告の主張
「親権は基本的人権である。離婚は夫婦関係の解消に過ぎず、親子関係の解消を意味しない。にもかかわらず、離婚時に一方の親の親権を全面的に失わせる離婚後単独親権制度は、基本的人権や平等権に対する必要以上の制約であり、法の下の平等を定めた憲法14条1項及び憲法24条2項に反する。また離婚後単独親権制度は、日本が批准した児童の権利条約に反しており、批准条約の遵守を定めた憲法98条2項に反する」
Plaintiff's claim: Child custody is a fundamental human right for parents. Divorce is only cancellation of marital relationship, and does not mean cancellation of parent-child relationship. Nevertheless, nonexistence of joint custody system after divorce completely loses one parent his/her custody of the child. Therefore, the system is an excessive restriction on basic human rights and equality rights, and is contrary to Article 14 (1) and Article 24 (2)of the Constitution. In addition, nonexistence of joint custody system after divorce violates the Convention on the Rights of the Child and Article 98 (2) of the Constitution.

原告訴訟代理人を引き受けて下さった先生
Lawyer Representing the Plaintiff

作花知志 弁護士
Tomoshi Sakka

2004年弁護士登録。2012年作花法律事務所開設。最高裁判所大法廷平成27年12月16日判決で違憲判決が出された女性の再婚禁止期間違憲訴訟を担当した。所属委員会:日弁連国際人権問題委員会など。

Blog
Twitter
Facebook

このサイトは、本訴訟の原告が作成しています。内容等に関するお問い合わせは、画面上部「Mail」よりお願いします。